--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2014.03.07 23:44

先週の日曜日、今年第一回目の花育&Aレッスン、無事終了しました
今年も初めからたくさんの子供達に参加してもらうことが出来、とても嬉しく思っています

毎年この季節は、女の子の成長と幸せを願う「桃の節句」をテーマにしています。
今回は茎のしっかりした春の花々と桃の枝を使い、パラレルという基本アレンジメントで、ラッピングなど全体を和の雰囲気に仕上げました!
パラレルは、花育や、Aレッスンでも初めてのスタイルでしたが、それぞれ、個性のあるアレンジが出来ていました

今まで午後の花育クラスとAレッスンの2部構成でレッスンをしていましたが、参加人数が増えてきたこともあり、
「午前の部」を開講し、3部構成にしてみました。これで1クラスあたりの人数も少なくなるので、今までより一人一人の作品をじっくり見ることが出来るようになります

◆花育午前の部
午前の花育クラスは、小学生低学年の子供達を中心に、パラレルの基本的な挿し方をレッスンしました。
1クラス9名くらいなので、会場に余裕もあり、子供達は落ち着いた静かな雰囲気の中で、お花と向き合うことが出来ました
IMG_2179.jpg
CIMG2442_20140307233238894.jpg
IMG_2180.jpg
CIMG2441.jpg

CIMG2458.jpgCIMG2459.jpg
SちゃんとMちゃんは、全体的に高さがあり、お花の茎のラインが綺麗に見えています。
スイートピーを手前と後方に散らしているので、奥行きも感じられます。
CIMG2457.jpgCIMG2453.jpg
姉妹のYちゃん、Cちゃんの作品。姉のYちゃんはスイートピーや菜の花の高さを変えて、メインのお花の周りにうまく配置できていると思います。Cちゃんの作品もとても華やか!お花がとっても多く見えるね
CIMG2452.jpgCIMG2451.jpg
Aちゃん、Iちゃんは、いつも花を生けるときの姿勢が良いのに感心しますAちゃんはスイートピーを手前にかわいく並べていますねiちゃんは、全体的に短めに仕上げています。タマシダを短く切り分けて足元に挿していて、グリーンにも注目出来ています
CIMG2455.jpgCIMG2454.jpg
Mちゃんはそれぞれ花材の茎の美しいラインも見え、全体的に綺麗に仕上がっています。Yちゃんはお花の長さを変えて、うまく高低差を表せていると思います。
CIMG2456.jpg
Aちゃんは、少し外向きのお花や、タマシダなどがあり、作品に元気いっぱいのAちゃんらしさが出ていますね。
スイートピーも、手前に花びらを並べています!


小学生の低学年の子供達の多い「花育午前の部」では、花育の自由さも残しながら、アレンジメントの基本にも触れるレッスンをしました!
このクラスのレッスンで感じたことは、「高低差をつける難しさ」です。
メインのガーベラやチューリップの高さが同じくらいの長さの子供達が多いです。
花材の切り方を見ていると、どの花材も茎の同じくらいの位置を手にしているので、切る位置も同じ辺りになっているようでした。しかし、ほとんどの子供達は、メインのチューリップとガーベラの後で挿す菜の花や、スイートピーは、それぞれ個性的に挿せていて、長さを変えたり、挿す位置もそれぞれです。
メインのお花の長さをもう少し大胆に変えることが出来るようになると、作品にもっとリズム感が生まれ、立体感も出て来ます。
お花を切るときに、花を挿す場所や、長さを確認して、シュミレーションしてから、切る位置を決めることで、高低差がつけやすくなると思います


◆午後花育1部

花育の午後1部では、保護者同伴の幼稚園児・未就園児から小学1年生の子供達が参加してくれました!

IMG_2191.jpg
IMG_2192.jpg
IMG_2196.jpg

IMG_2195.jpg
今回初参加のHちゃんは、最年少ながら、お話も上手で、お花の大好きな女の子
お母さんと一緒に、初めての花育です
IMG_2186.jpg
花育大好きなR君の作品。毎回いろんな工夫をして驚かせてくれます
今回はアレンジの後方に、綺麗に短くカットしたチューリップの茎や、桃の枝を並べていて、R君らしいエッセンスを利かせています
CIMG2470.jpgCIMG2468_20140308001315e76.jpg
最年少のHちゃんはお母さんと一緒に楽しくアレンジ出来たね。カットする茎の長さやお花を挿す位置をお母さんにはっきりと伝えていました高さのあるダイナミックなアレンジが出来たね!すごい
毎回、参加してくれるRちゃんはかわいく小さなお花畑のような作品です。ガーベラやお花の顔が全部よく見えてますね。菜の花の配置がいいです!最後まで丁寧に、ヤマゴケも丁寧に敷いていた姿も◎です!
CIMG2473.jpgCIMG2469.jpg
R君の作品。「挿し方など決められたルールがあると苦手」と、お母さんから聞いていたけど、パラレルのルールを守りながら、自分らしい作品になっていますメインのお花の長さや配置も、幼稚園児と思えないバランスの良さです!
姉妹で参加してくれたRちゃん。メインのガーベラが中心になり、お花の顔が良く見える華やかなアレンジです。
ガーベラの高低さもしっかりつけられているので、後は菜の花の長さを変えるだけでもっとリズム感が出るよ!
CIMG2464.jpgCIMG2466.jpg
Yちゃんは、長い枝ものやタマシダを後方へ。真ん中にメインのお花。手前にスイートピーと菜の花を短く挿しています。まるで、雛壇のようなアレンジが出来ました
Mちゃんは、全体的にかわいらしく小さくまとまっています。菜の花の高さや配置を変えるとリズム感が出るよ!
前方にスイートピーの花びらをを短くならべているところも、かわいく、とっても女の子らしいアレンジです
CIMG2465.jpgCIMG2467.jpg
Rちゃんはの作品。お花が元気に上を向いていますね
高さもあり、横への広がり感もあるので、とても華やかな印象のアレンジが出来ました
Mちゃんのアレンジも高さがあり、華やかに見えますチューリップを左右に分けて挿したり、スイートピーを前方に並べたり、Mちゃんの考えやアイディアがぎゅっと詰まった作品です


◆Aレッスンクラス午後2部
IMG_2198.jpg

IMG_2199_201403080038169b2.jpg

IMG_2197.jpg

CIMG2479.jpg

CIMG2480.jpgCIMG2483.jpg

CIMG2486.jpgCIMG2493.jpg

CIMG2489.jpgCIMG2482.jpg

CIMG2491.jpgCIMG2490.jpg

CIMG2484.jpgCIMG2487.jpg

CIMG2495.jpgCIMG2488.jpg

CIMG2494.jpg

            
                
スポンサーサイト

| 花育&子供アレンジメントレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。